KEYSTONE Acacemy Logo
KEYSTONE Acacemy Logo

ガイド

ガイド

ガイド2022-04-28T11:53:43+08:00

よくある質問と回答

祝日による代替授業はどうなりますか?2022-04-17T21:14:45+08:00

毎月1日から末日を基準に月に祝日が3日以上の場合には、1日以上の代替授業を提供しています。

近くにコンビニはありますか?2022-04-17T21:14:18+08:00

徒歩15−20分の距離に2店舗コンビニがあります。夕食後に散歩として歩いていかれる生徒さんもいます。学校の売店ではお菓子やインスタントヌードル、ジュースなど買うことができます。

学生の設備はその他どのようなものがありますか?2022-04-17T21:13:57+08:00

ルーフトップラウンジ、プール、BOOK CAFE、GYM、屋外休憩スペース、ミニ売店のほか、様々な設備を備えています。

WiFiは無料で利用することができますか?2022-04-17T21:12:50+08:00

基本的に学校内では、教室を除いて、無料WiFiのご使用が可能です。

特に読書室のBOOK CAFEでほとんどの学生が使用しています。寮でも使用できますが、ルータの正方形の部屋の場合、相対的にインターネットの速度が遅くなることがあります。

SSPとACR-I CARDは何ですか?2022-04-17T21:12:02+08:00

SSP(Special Study Permit)は、フィリピンで外国人が合法的に「学習」するために必要な許可であり、ACR-I CRDは、フィリピンに59日を超えて滞在する外国人が申請しなければなら登録証です。両方が「ビザの延長」のために必ず必要です。

テストの種類と回数はどうなりますか?2022-04-17T21:11:37+08:00

最初INITIAL LEVEL TEST、個々の学生ごとにWEEKLY ACHIEVEMENT TEST(毎週金曜日)、全体の学生対象にMONTHLY EVALUATION TEST(毎月最終金曜日)、最後にEXIT EXAM(卒業試験)があります。

授業の変更はどのように申請しますか?2022-04-17T21:11:10+08:00

授業の変更は週1回可能、追加費用がかかりマンツーマンの授業を追加またはグループレッスンをマンツーマンの授業に変更することも可能です。

入寮と退室日程はいつですか?2022-04-17T21:10:28+08:00

通常、土曜日または日曜日に入室し、授業の最後の金曜日の夜や土曜日に退室します。

入学年齢制限はどうなりますか?2022-04-17T21:09:46+08:00

教室での授業環境に慣れている小学生以上の研修をお勧めします。

フィリピン入国に必要なもの、また条件はありますか?2022-04-17T21:09:17+08:00
  • 残存期間有効期限が6か月以上+滞在日数以上あるパスポート
  • 往復の航空券もしくは、第三国に出国する航空券
  • 15歳未満の1人での入国は不可
  • 親子でも苗字(Family name)が異なる場合、親子関係が証明できる書類が必要です。
  • 親以外の保護者同伴の場合はビザが必要です。
VISAの申請はどうすればいいですか?2022-04-17T21:08:36+08:00

学校が代理で手続きを行います。

辞書は持参した方がいいですか?2022-04-17T21:08:08+08:00

電子辞書をお持ちいただくか、スマートフォンにてオフラインでもご使用できるアプリのダウンロードをお勧めします。

※教室のネット環境が良くない場合がございます。

週末は皆さんどのように過ごしていますか?2022-04-17T21:07:34+08:00

休日の学生様は、部屋でゆっくりしたり、ショッピングモールやビーチへ出かけたりなど、自由に過ごされています。

週末を利用してフィリピン国内を旅行される学生様もいらっしゃいます。その際は事前に、学校からの外泊許可証を取得する必要があります。

出席と修了証2022-04-17T21:05:29+08:00

出席率90%未満の学生には修了証が発行されません。

登録規定2022-04-17T21:04:35+08:00
  1. すべての入学申請はコース開始日から少なくとも4週間前に作成された申込書と一緒に入学料(100ドル、返金不可)、パスポートのコピーを提出します。
  2. 入学許可書は、入学料納付後発行されています。
  3. 研修予定者は必ず食物アレルギー、病気、身体障害に関する特異事項を事前に通知する必要があります。
  4. すべての授業料は、研修開始2週間前までに完納してください。守れない場合は、登録が取り消されることがあり、これに対する責任は本人が負います。
  5. 登録後は、協力エージェンシーを通じてチケットと海外保険を申請してください。
  6. 研修予定者は必ず指定された日時に寮で退室しなければならず、コース開始は入学申込書に記載された日付に行われます。\
  7. コースと寮の部屋のタイプ変更時には、必ず事前に現地マネージャーと相談のうえ決定します。
  8. 研修予定者は、学校規制、生活規制および返金規定を読んで同意する必要があります。
    4週間未満の学費については、以下のような基準で学費が適用されます。
    1週間:4週間の授業料について、40%適用学費
    2週間:4週間の授業料について、60%適用学費
    3週間:4週間の授業料について、80%適用学費
返金規定2022-04-17T21:02:17+08:00

すべての払い戻しは必ず書面で「払い戻し請求書」を作成した後、申請します。すべての払い戻し費用は払い戻しの申請開始から30日以内に処理されます。
現地到着後、コース変更時に発生する差額金は一切返金されません。

 

返金規定

  1. 現地到着後、コース開講25%以内:残り期間50%適用学費
  2. 現地到着後、コース開講26%〜50%以内:残り期間20%適用学費
  3. 現地到着後、コース開講50%以降:返金なし
  4. 短期4週間未満のコースの場合には、一切返金は行われません。
  5. 本人の病気や肉親(親、兄弟、配偶者、子供)の重病と死亡などでキャンセルが避けられない場合、時点に関係なく、残りの期間の50%を返金することができます(ただし、医師の診断書を提出する際可能)。
  6. コース開始日より遅く到着したり、到着しなかった場合、一切払い戻しは行われません。
  7. 学校の規定に違反して退校措置される場合は、任意の払い戻しも行われません。
  8. フィリピン政府による祝日には正規の授業と払い戻しが行われません(キーストーンは4週、少なくとも授業日数18日を維持しています)。
留学期間中の中抜け2022-04-17T21:01:50+08:00

学生個人の事情によりしばらく研修を中止する場合は研修期間内に席をホールディングすることが可能であり、書面申請から6ヶ月以内に研修を再開する必要があります。6ヶ月が過ぎる場合には、研修ホールディングの申請は、自動的にキャンセル・終了し、これに対する任意の払い戻しと補償措置が行われません。

海外保険2022-04-17T21:01:09+08:00
  1. キーストーンで研修中にすべての学生は、海外保険に加入が義務付けられています。
  2. もし学生が海外保険加入を希望しない場合は、キーストーンはどのような医療事故、傷害およびモノ紛失など発生する可能性のある被害に対する一切の責任を負いません。
免責規定と権限2022-04-17T21:00:30+08:00
  1. 自然災害や天災、戦争、突発的な事態、航空の遅延やキャンセル、または不可抗力である場合にサービスを提供していない場合、本明細書またはその代理人は、損害賠償や法的責任を負いません。
  2. 本願の事前許可なしに行われた行動のための人命損失、損害、被害等については、本明細書は一切の責任を負いません。
  3. 学校やその他の外部(外出や旅行時)で発生するすべての事故と紛失、病気には、学生本人に責任があり、本願は一切の責任を負いません。
  4. 学生の登録時に義務的に加入する留学生保険や旅行保険の補償範囲内でのみの補償受けることができ、本願側の追加報酬は行われません。
  5. 正規授業は、月曜日から金曜日までの週5日を基本とします。
  6. 為替レートと増税、その他の政府の法律条項または本明細書が制御することができない事由が生じた場合、価格を変動させることができる権限を有し、学生のより良い教育の質の改善のために必要に応じて開始日、カリキュラムおよびプログラムを変動させることができる権限を持っています。
  7. 定められた学校の規則を破ったり授業無断欠席、暴力、不良姿勢などの授業への関心がない、勉学の雰囲気づくりに支障をきたす学生には注意や警告を与えることができ、数回にわたる注意や警告でも改善されない場合には退校させることができる権限を持っています。
  8. 学生が不穏な目的のために、学生をリードしたり集会を開き、または学校側に損害を与える場合は、その学生を警告なしにすぐに退校させることができる権限を有し、被害額の損害賠償請求をすることができます。
  9. 学生に問題が発生して退校措置前後または返金時の学生の家族とそのエージェントにその問題と結果を通知する権限を持ちます。
コース延長、変更2022-04-17T20:59:50+08:00
  1. コースと期間延長は、現地マネージャーと相談した後延長可能かどうかを確認した後、研修終了日から少なくとも4週間前に延長の申請をしなければならず、延長費用は延長開始日から2週間前までに完納していただく必要があります。
  2. コース変更時(例えば、Intensive→General)には、変更されたコースの授業開始日基準で1週間前に学校のマネージャーと相談して決定する必要があり、コース変更時に発生する差額金は一切返金が行われません。
一般的な規定2022-04-17T20:59:02+08:00

自然災害や天災のような不可抗力的な状況を除いて、KEYSONEは質の高い英語教育サービスと生活の利便性を学生に提供するために最善の努力を尽くします。そしてこの点に関して、学生からの質問または提案、その他の合理的な要求に最も注意を払い対応します。
オリエンテーション(新入生予備教育)の日付から授業日数を数え、授業の終了日に寮の使用契約も一緒に終了することを原則とします。ただし、授業が金曜日に終了する場合には、寮退室は翌日の土曜日正午(12 時)までです。
学生は学校に退室予定日の1週間前までに、正確な退室スケジュールを通知します。航空券の日程等の理由で寮使用契約の延長が必要な場合には、寮の規定による費用を支払う必要があります。(アドミンオフィスで申請と支払い)また、必要な場合には、空港までのレンタカーサービス(クラーク空港 –  3,000ペソ/マニラ空港 –  4,000ペソ)を申請することができます。
学生は授業の最終日の16:00〜17:00の間にアドミンオフィスに行きパスポートを受け取り、返却されるデポジットから電気代と教科書代を差し引いた金額を精算します。
学生の規定違反(故意または過失のどちらでも)で発生するすべての不利益と制裁事項は、校内外で発生するすべての事件と事故に伴う人的/物的被害の責任は学生本人にあります。
個人の所持物の注意義務と保管責任は、学生本人にあります。
他人(学校職員を含む)の精神的または身体的加害行為は即時退校の理由になることがあり、発生した財産的損害は直ちに補償しなければなりません。
学校や寮の施設の損壊時、実費弁償を原則とします。 (寮の鍵破損または紛失:200ペソ/ 1,000ペソ、その他の損害:実費弁償)
いかなる目的のためにも、寮での男女相互の出入りは厳しく禁止されており、性行為が疑われる状況は、実際に行為の発生の有無にかかわらなくても即時に退校の理由です。
寮の部外者立ち入りは禁止、施設のメインテナンスまたは秩序の維持を目的とした学校関係者の寮の出入りは例外とします。
騒音、騒ぎその他共同生活の秩序を阻害するすべての行為は、学校長の判断の下、警告(警告3回累積時、退校)または退校措置されることができ、同時に、フィリピンの法律によって処罰されることに注意してください。
必要に応じてKEYSTONEはその規則や規定を改訂することができ、通知の確認を怠ったことによって学生が受ける不利益や罰について一切の責任を負いません。
ビザ、SSP、水道、電気料金など、その他の費用は、現地事情に応じて予告なく変更されることがあります。
学校は15歳未満の学生の外出を禁止し、18歳未満の学生は保護者の同意の下に外出を制限することができます。
週末に一晩外出する予定の学生は、金曜日の朝(午後12 時)までに「STUDENT TRAVEL WAIVER」を提出する必要があります。旅行計画に記載されている情報が誤っていることが判明した場合、それは門限時間違反と見なされます。
学生は「ACKNOWLEDGEMENTフォーム」に署名して、KEYSTONEの学生用の規則や規制の内容を読んで理解したことを確認します。

スービックは、安全な都市ですか?2022-04-17T20:56:44+08:00

スービック経済自由特区(Subic Bay Freeport Zone)は、フィリピンで在住外国人の割合が最も高い都市でSBFZに出入りするすべての人は、警察によるアクセスコントロールや身元確認の手続きを経なければなりません。また、「銃所有」自体が禁止されたフィリピンの唯一の地域であり、犯罪から最も離れた安全な都市と言えます。

経済特区(住所にもFreeport Zoneと記載されていますのでチェックください)に指定されており、フィピリンにある経済特区の中では唯一、フィリピン政府が、直接、管理をしている経済特区になります。フィリピンの中でも治安が良い場所です。スリやひったくりはほとんどありませんが、貴重品の管理には充分にお気をつけください。

国籍比率はどうなりますか?2022-04-17T20:56:10+08:00

日本、台湾、韓国、ベトナムの順に最も高い国籍の割合を占めています。そのほかにも、中国、タイ、ミャンマー、モンゴルなど様々な国籍の学生が一緒に勉強しています。

市内までの交通はどのような種類がありますか?2022-04-17T20:55:47+08:00

学校から市内までは約10〜15分程度かかり、交通手段は3つあります。

経済自由特区内でのみ運行されているFBというバスがあり、学校の前で利用でき、片道14PHPで30分間隔で指定された路線で運行されています。

経済自由特区内でのみ運行されているTAXIがあり、電話をすると、いつでも利用でき、片道150PHP〜250PHPです。

キーストンの規定

祝日による代替授業はどうなりますか?2022-04-17T21:14:45+08:00

毎月1日から末日を基準に月に祝日が3日以上の場合には、1日以上の代替授業を提供しています。

近くにコンビニはありますか?2022-04-17T21:14:18+08:00

徒歩15−20分の距離に2店舗コンビニがあります。夕食後に散歩として歩いていかれる生徒さんもいます。学校の売店ではお菓子やインスタントヌードル、ジュースなど買うことができます。

学生の設備はその他どのようなものがありますか?2022-04-17T21:13:57+08:00

ルーフトップラウンジ、プール、BOOK CAFE、GYM、屋外休憩スペース、ミニ売店のほか、様々な設備を備えています。

WiFiは無料で利用することができますか?2022-04-17T21:12:50+08:00

基本的に学校内では、教室を除いて、無料WiFiのご使用が可能です。

特に読書室のBOOK CAFEでほとんどの学生が使用しています。寮でも使用できますが、ルータの正方形の部屋の場合、相対的にインターネットの速度が遅くなることがあります。

SSPとACR-I CARDは何ですか?2022-04-17T21:12:02+08:00

SSP(Special Study Permit)は、フィリピンで外国人が合法的に「学習」するために必要な許可であり、ACR-I CRDは、フィリピンに59日を超えて滞在する外国人が申請しなければなら登録証です。両方が「ビザの延長」のために必ず必要です。

テストの種類と回数はどうなりますか?2022-04-17T21:11:37+08:00

最初INITIAL LEVEL TEST、個々の学生ごとにWEEKLY ACHIEVEMENT TEST(毎週金曜日)、全体の学生対象にMONTHLY EVALUATION TEST(毎月最終金曜日)、最後にEXIT EXAM(卒業試験)があります。

授業の変更はどのように申請しますか?2022-04-17T21:11:10+08:00

授業の変更は週1回可能、追加費用がかかりマンツーマンの授業を追加またはグループレッスンをマンツーマンの授業に変更することも可能です。

入寮と退室日程はいつですか?2022-04-17T21:10:28+08:00

通常、土曜日または日曜日に入室し、授業の最後の金曜日の夜や土曜日に退室します。

入学年齢制限はどうなりますか?2022-04-17T21:09:46+08:00

教室での授業環境に慣れている小学生以上の研修をお勧めします。

フィリピン入国に必要なもの、また条件はありますか?2022-04-17T21:09:17+08:00
  • 残存期間有効期限が6か月以上+滞在日数以上あるパスポート
  • 往復の航空券もしくは、第三国に出国する航空券
  • 15歳未満の1人での入国は不可
  • 親子でも苗字(Family name)が異なる場合、親子関係が証明できる書類が必要です。
  • 親以外の保護者同伴の場合はビザが必要です。
VISAの申請はどうすればいいですか?2022-04-17T21:08:36+08:00

学校が代理で手続きを行います。

辞書は持参した方がいいですか?2022-04-17T21:08:08+08:00

電子辞書をお持ちいただくか、スマートフォンにてオフラインでもご使用できるアプリのダウンロードをお勧めします。

※教室のネット環境が良くない場合がございます。

週末は皆さんどのように過ごしていますか?2022-04-17T21:07:34+08:00

休日の学生様は、部屋でゆっくりしたり、ショッピングモールやビーチへ出かけたりなど、自由に過ごされています。

週末を利用してフィリピン国内を旅行される学生様もいらっしゃいます。その際は事前に、学校からの外泊許可証を取得する必要があります。

出席と修了証2022-04-17T21:05:29+08:00

出席率90%未満の学生には修了証が発行されません。

登録規定2022-04-17T21:04:35+08:00
  1. すべての入学申請はコース開始日から少なくとも4週間前に作成された申込書と一緒に入学料(100ドル、返金不可)、パスポートのコピーを提出します。
  2. 入学許可書は、入学料納付後発行されています。
  3. 研修予定者は必ず食物アレルギー、病気、身体障害に関する特異事項を事前に通知する必要があります。
  4. すべての授業料は、研修開始2週間前までに完納してください。守れない場合は、登録が取り消されることがあり、これに対する責任は本人が負います。
  5. 登録後は、協力エージェンシーを通じてチケットと海外保険を申請してください。
  6. 研修予定者は必ず指定された日時に寮で退室しなければならず、コース開始は入学申込書に記載された日付に行われます。\
  7. コースと寮の部屋のタイプ変更時には、必ず事前に現地マネージャーと相談のうえ決定します。
  8. 研修予定者は、学校規制、生活規制および返金規定を読んで同意する必要があります。
    4週間未満の学費については、以下のような基準で学費が適用されます。
    1週間:4週間の授業料について、40%適用学費
    2週間:4週間の授業料について、60%適用学費
    3週間:4週間の授業料について、80%適用学費
返金規定2022-04-17T21:02:17+08:00

すべての払い戻しは必ず書面で「払い戻し請求書」を作成した後、申請します。すべての払い戻し費用は払い戻しの申請開始から30日以内に処理されます。
現地到着後、コース変更時に発生する差額金は一切返金されません。

 

返金規定

  1. 現地到着後、コース開講25%以内:残り期間50%適用学費
  2. 現地到着後、コース開講26%〜50%以内:残り期間20%適用学費
  3. 現地到着後、コース開講50%以降:返金なし
  4. 短期4週間未満のコースの場合には、一切返金は行われません。
  5. 本人の病気や肉親(親、兄弟、配偶者、子供)の重病と死亡などでキャンセルが避けられない場合、時点に関係なく、残りの期間の50%を返金することができます(ただし、医師の診断書を提出する際可能)。
  6. コース開始日より遅く到着したり、到着しなかった場合、一切払い戻しは行われません。
  7. 学校の規定に違反して退校措置される場合は、任意の払い戻しも行われません。
  8. フィリピン政府による祝日には正規の授業と払い戻しが行われません(キーストーンは4週、少なくとも授業日数18日を維持しています)。
留学期間中の中抜け2022-04-17T21:01:50+08:00

学生個人の事情によりしばらく研修を中止する場合は研修期間内に席をホールディングすることが可能であり、書面申請から6ヶ月以内に研修を再開する必要があります。6ヶ月が過ぎる場合には、研修ホールディングの申請は、自動的にキャンセル・終了し、これに対する任意の払い戻しと補償措置が行われません。

海外保険2022-04-17T21:01:09+08:00
  1. キーストーンで研修中にすべての学生は、海外保険に加入が義務付けられています。
  2. もし学生が海外保険加入を希望しない場合は、キーストーンはどのような医療事故、傷害およびモノ紛失など発生する可能性のある被害に対する一切の責任を負いません。
免責規定と権限2022-04-17T21:00:30+08:00
  1. 自然災害や天災、戦争、突発的な事態、航空の遅延やキャンセル、または不可抗力である場合にサービスを提供していない場合、本明細書またはその代理人は、損害賠償や法的責任を負いません。
  2. 本願の事前許可なしに行われた行動のための人命損失、損害、被害等については、本明細書は一切の責任を負いません。
  3. 学校やその他の外部(外出や旅行時)で発生するすべての事故と紛失、病気には、学生本人に責任があり、本願は一切の責任を負いません。
  4. 学生の登録時に義務的に加入する留学生保険や旅行保険の補償範囲内でのみの補償受けることができ、本願側の追加報酬は行われません。
  5. 正規授業は、月曜日から金曜日までの週5日を基本とします。
  6. 為替レートと増税、その他の政府の法律条項または本明細書が制御することができない事由が生じた場合、価格を変動させることができる権限を有し、学生のより良い教育の質の改善のために必要に応じて開始日、カリキュラムおよびプログラムを変動させることができる権限を持っています。
  7. 定められた学校の規則を破ったり授業無断欠席、暴力、不良姿勢などの授業への関心がない、勉学の雰囲気づくりに支障をきたす学生には注意や警告を与えることができ、数回にわたる注意や警告でも改善されない場合には退校させることができる権限を持っています。
  8. 学生が不穏な目的のために、学生をリードしたり集会を開き、または学校側に損害を与える場合は、その学生を警告なしにすぐに退校させることができる権限を有し、被害額の損害賠償請求をすることができます。
  9. 学生に問題が発生して退校措置前後または返金時の学生の家族とそのエージェントにその問題と結果を通知する権限を持ちます。
コース延長、変更2022-04-17T20:59:50+08:00
  1. コースと期間延長は、現地マネージャーと相談した後延長可能かどうかを確認した後、研修終了日から少なくとも4週間前に延長の申請をしなければならず、延長費用は延長開始日から2週間前までに完納していただく必要があります。
  2. コース変更時(例えば、Intensive→General)には、変更されたコースの授業開始日基準で1週間前に学校のマネージャーと相談して決定する必要があり、コース変更時に発生する差額金は一切返金が行われません。
一般的な規定2022-04-17T20:59:02+08:00

自然災害や天災のような不可抗力的な状況を除いて、KEYSONEは質の高い英語教育サービスと生活の利便性を学生に提供するために最善の努力を尽くします。そしてこの点に関して、学生からの質問または提案、その他の合理的な要求に最も注意を払い対応します。
オリエンテーション(新入生予備教育)の日付から授業日数を数え、授業の終了日に寮の使用契約も一緒に終了することを原則とします。ただし、授業が金曜日に終了する場合には、寮退室は翌日の土曜日正午(12 時)までです。
学生は学校に退室予定日の1週間前までに、正確な退室スケジュールを通知します。航空券の日程等の理由で寮使用契約の延長が必要な場合には、寮の規定による費用を支払う必要があります。(アドミンオフィスで申請と支払い)また、必要な場合には、空港までのレンタカーサービス(クラーク空港 –  3,000ペソ/マニラ空港 –  4,000ペソ)を申請することができます。
学生は授業の最終日の16:00〜17:00の間にアドミンオフィスに行きパスポートを受け取り、返却されるデポジットから電気代と教科書代を差し引いた金額を精算します。
学生の規定違反(故意または過失のどちらでも)で発生するすべての不利益と制裁事項は、校内外で発生するすべての事件と事故に伴う人的/物的被害の責任は学生本人にあります。
個人の所持物の注意義務と保管責任は、学生本人にあります。
他人(学校職員を含む)の精神的または身体的加害行為は即時退校の理由になることがあり、発生した財産的損害は直ちに補償しなければなりません。
学校や寮の施設の損壊時、実費弁償を原則とします。 (寮の鍵破損または紛失:200ペソ/ 1,000ペソ、その他の損害:実費弁償)
いかなる目的のためにも、寮での男女相互の出入りは厳しく禁止されており、性行為が疑われる状況は、実際に行為の発生の有無にかかわらなくても即時に退校の理由です。
寮の部外者立ち入りは禁止、施設のメインテナンスまたは秩序の維持を目的とした学校関係者の寮の出入りは例外とします。
騒音、騒ぎその他共同生活の秩序を阻害するすべての行為は、学校長の判断の下、警告(警告3回累積時、退校)または退校措置されることができ、同時に、フィリピンの法律によって処罰されることに注意してください。
必要に応じてKEYSTONEはその規則や規定を改訂することができ、通知の確認を怠ったことによって学生が受ける不利益や罰について一切の責任を負いません。
ビザ、SSP、水道、電気料金など、その他の費用は、現地事情に応じて予告なく変更されることがあります。
学校は15歳未満の学生の外出を禁止し、18歳未満の学生は保護者の同意の下に外出を制限することができます。
週末に一晩外出する予定の学生は、金曜日の朝(午後12 時)までに「STUDENT TRAVEL WAIVER」を提出する必要があります。旅行計画に記載されている情報が誤っていることが判明した場合、それは門限時間違反と見なされます。
学生は「ACKNOWLEDGEMENTフォーム」に署名して、KEYSTONEの学生用の規則や規制の内容を読んで理解したことを確認します。

スービックは、安全な都市ですか?2022-04-17T20:56:44+08:00

スービック経済自由特区(Subic Bay Freeport Zone)は、フィリピンで在住外国人の割合が最も高い都市でSBFZに出入りするすべての人は、警察によるアクセスコントロールや身元確認の手続きを経なければなりません。また、「銃所有」自体が禁止されたフィリピンの唯一の地域であり、犯罪から最も離れた安全な都市と言えます。

経済特区(住所にもFreeport Zoneと記載されていますのでチェックください)に指定されており、フィピリンにある経済特区の中では唯一、フィリピン政府が、直接、管理をしている経済特区になります。フィリピンの中でも治安が良い場所です。スリやひったくりはほとんどありませんが、貴重品の管理には充分にお気をつけください。

国籍比率はどうなりますか?2022-04-17T20:56:10+08:00

日本、台湾、韓国、ベトナムの順に最も高い国籍の割合を占めています。そのほかにも、中国、タイ、ミャンマー、モンゴルなど様々な国籍の学生が一緒に勉強しています。

市内までの交通はどのような種類がありますか?2022-04-17T20:55:47+08:00

学校から市内までは約10〜15分程度かかり、交通手段は3つあります。

経済自由特区内でのみ運行されているFBというバスがあり、学校の前で利用でき、片道14PHPで30分間隔で指定された路線で運行されています。

経済自由特区内でのみ運行されているTAXIがあり、電話をすると、いつでも利用でき、片道150PHP〜250PHPです。

留学手順

留学に関してご不明な点がある場合、また詳細情報が必要な場合は、お電話、メッセンジャー、Eメール等でご連絡いただくか、またはホームページのお問い合わせフォームよりお問い合わせいただければ、すぐにお返事させていただきます。

ご相談の上、日程登録フォームにご記入いただき、登録費100ドルをお支払いいただければ登録完了です。

登録申請を終えた後、研修費用をお支払いください。 留学費用を納入すると、確認した後、すぐにメールで納入完了連絡をお送りします。

荷物を入念に準備し、航空券に記載された出国の日付と時刻を再確認してください。ご出発予定時刻の3時間前には空港に到着してください。 航空遅延など出国に問題ある場合は、必ずKEYSTONEにご連絡ください。

フィリピン現地到着時間に合わせて現地スタッフが空港で皆さんをお待ちしております。 KEYSTONEまで快適で安全な送迎を提供しています。

到着日か到着翌日に学校と寮での学習、生活、規制、その他の事項についての詳細な情報のご案内を致します。

留学開始の初日に個人別のレベルのテストを実施し、レベルテストの結果に基づいて個人レベルが決定され、クラス割と担当講師が決定し、本格的な授業が開始されます。

持ち物

出国前のパスポート準備過程からビザに関する情報、個人の持ち物、両替と出入国過程まで具体的に案内された内容に基づいて、ご準備ください。一番下にある入国申告書を参考にして機内で記入し国審査の際、落ち着いて提出することができます。

有効期限6ヶ月以上残っているパスポートを保持していると入国が可能です。本人のパスポートの有効期間が6ヶ月未満の場合は、最寄りの区役所やパスポートセンターでパスポートを更新する必要があります。

フィリピンはビザなしでパスポートだけ30日間滞在することができ、そして30日ずつ延長することができます。 ビザの延長は、現地でKEYSTONE研修生のために一括代行しており、ビザの延長時に発生する費用は本人負担となります(12週あたり、パスポートの写真6枚必要)。

航空券および海外旅行保険はKEYSTONE学校に代行依頼いただくか、個別に予約が可能です。 航空券は往復航空券を購入されることを原則とし、留学生保険加入は安全のために必ず加入してください。 航空券、個々の発券の場合航空券の購入完了後、必ずKEYSTONE学校にお知らせいただき、ピックアップの日程を再確認ください。

空港送迎サービス

キーストーンでは、フィリピンに最初に着いたとき、新入生のために学生マネージャーがマニラとクラーク空港からスービックのキーストーンまで安全送迎サービスを有料で提供しています。到着空港ターミナルとミーティング場所、現地ピックアップ担当者の情報を事前に熟知し、フィリピン入国当日ピックアップミーティングの場で私たちのキーストーン学生マネージャーに会って安全に学校までお越しいただけます。

マニラ国際空港 – ターミナル1

Manila Terminal 1

マニラ国際空港 – ターミナル2

Manila Terminal 1

マニラ国際空港 – ターミナル3

Manila Terminal 1

クラーク国際空港

Manila Terminal 1

注意

  1. ピックアップ担当者の顔と名前、連絡先の確認をお願いします。
  2. ピックアップ担当者は空港から学校に到着すると、一緒に寮の部屋までご案内いたします。
  3. 担当者は、現地の事情に応じて変更されることがあり、飛行機遅延、出発遅延などのスケジュールの変更の際は事前にご連絡ください。
Go to Top